Windows XPにおける コマンドシェルについて

[記事公開日]2013/09/25

Windows XPにおける コマンドシェルについて

要はコマンドラインでのCUI操作環境のことなんですが、WIN MEに比べて、MS-DOS時代のように、バッチファイル(スクリプト)を作って、処理の自動化をしやすい環境に戻ったような気がします。ということで、使いこなせると便利です。

従来のMS-DOSプロンプトではなく、コマンドシェル=コマンドプロンプトが、XPにおけるコマンドの窓口になります。

Cmd.exe(コマンドプロンプトの実行ファイル)コマンドシェル環境 

コマンドシェルとOSの動作を決定する「変数(二種類)」で定義されます。とにかく、% %で囲まれたものを見たら、何かしらの「変数」です。(^ ^;)  

設定には「set」コマンドを使用します。

知っておくと便利な環境変数

%SYSTEMROOT%

WIN NT/2000/XP 導入フォルダのパスを示すシステム環境変数。通常、WIN NT/2000「C:\WINNT」・WIN XP「C:\Windows」になっている。確認したいときは「C:\>echo
%systemroot%
」と打てば良く、トラブル対処のFAQとかで見かける変数です。

%HomeDRIVE%%HomePATH%

各ユーザーのホームドライブと、ホームディレクトリへのパスを示すシステム環境変数。コマンドプロンプトの作業フォルダの指定とかに使われてますが、このように各ユーザーごとに異なる情報は、こういう変数を使って複数ユーザー管理に活用しています。  

※その他、いろいろたくさん環境変数があるので、Windows XP付属のヘルプなどを参照ください。なお、WIN MEまでの環境変数については、「MS-DOS時代の環境変数」の説明ページで代用させていただきます。

Windows XPにおける MS-DOSプロンプト

Windows 2000/XPは、「コマンドプロンプト」から実行され、「MS-DOSプロンプト」からは実行されません。もし「MS-DOSプロンプト」から実行したいときは、以下のプログラムを起動させてください。

このプログラムへのショートカットを作成すると便利だと思います。



Copyright © 2000-2017Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.
Return to www.causu.com