md(mkdir)

記事公開日 2013-09-23

md(mkdir)

md(mkdir) [内部コマンド]*XP

機能

 ディレクトリ(フォルダ)を作る。WIN XP の場合は、中間ディレクトリも自動的に作ってくれる。

書式

 ※正式には、MKDIRですが、MDと略して打っても動きます。

使用例

c:\Windows>md data
 (パスを指定)この場合だと、Cドライブの「Windows」の下に、「data」というディレクトリを作る。
c:\Windows>md d:\data
 (ドライブを指定)この場合だと、Dドライブのルートディレクトリの下に、「data」というディレクトリを作る。
c:\Windows>md d:\data\err
 (中間ディレクトリ作成)この場合だと、Dドライブのルートディレクトリの下に、「data」というディレクトリを作って、更にその下に「err」というディレクトリを作っている。WIN MEの場合は、「data」という中間ディレクトリが存在していないとエラーになるが、WIN XPの場合は、存在していなかったら新規に作る。


Copyright © 2000-2017Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.
Return to www.causu.com