ipconfig

記事公開日 2013-09-23

ipconfig

ipconfig [外部コマンド:ipconfig.exe]

機能 

 IP設定の確認、及び、解放・書き換え作業など、必要な作業がコマンドラインから可能です。

 Windows 95系OSの場合のみ、このコマンド以外にも「winipcfg」で、IP設定の確認・解放・書き換えが可能で、初心者にはこちらのほうが便利です。コマンドラインもしくは、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→winipcfg と打ち込んで、OKを押す で、IP設定を表示してください。

 ※95系OSだとipconfig内容は日本語表示、NT系OSでは基本的に英語表示になります。/? でコマンドラインヘルプが出ますが、95系・NT系とも英語のヘルプになります。f(^_^;

オプション

WIN ME・XP共通

WIN MEのみ

※renew(更新)・release(解放)を行う場合は、必ずネットワークアダプタ番号を指定してください。でないと、更新も解放も正しく行えません。また、アダプタ番号が不明な場合は、最初に「ipconfig」でネットワーク設定の簡易表示でも行って、アダプタ番号を確認ください。でなけや、_allをつけてすべて更新・解放するかですね!

WIN XPのみ

書式

使用例

IP設定を簡易表示
c:\Windows>ipconfig
 IPアドレス・サブネットマスク・デフォルトゲートウェイの情報を簡易表示。NT系OSでは、接続ごとのDNSサフィックス情報も表示。
IP設定を詳細表示
c:\Windows>ipconfig /all | more
 IP設定の詳細表示を行うと、95系OSやMS-DOSプロンプトなどでは、一画面に収まりきらず、最後のほうの情報しか表示できないので「more」コマンドを追加するとよい。NT系OSでコマンドプロンプトを浸かっている場合は、「ipconfig /all」だけでも、スクロールバーが表示されるので大丈夫ですが。
IP設定の解放
c:\Windows>ipconfig /release |c:\Windows>ipconfig /release 0
 WIN XPならオプションのみで解放できるが、WIN MEではアダプタ番号を指定しないと解放できない。
IP設定の更新
c:\Windows>ipconfig /renew |c:\Windows>ipconfig /renew 0  WIN XPならオプションのみで更新(書き換え)できるが、WIN
MEではアダプタ番号を指定しないと更新(書き換え)できない。

参考記事>



Copyright © 2000-2017Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.
Return to www.causu.com