Archive for the ‘システム操作’ Category

chkdsk

2013-09-23

chkdsk

chkdsk [外部コマンド:chkdsk.exe]

機能 

 ディスクを調べて、現在の状態を表示。WIN ME では、実行しようとすると、「scandisk」を使えと言われて現在の状況だけしか表示しませんが、WIN XPでは、ちゃんとディスクを調べた上で、現在の状態を示してくれました。

  WIN XPになって、スイッチが補強されているので、詳しくは、コマンドラインヘルプ「chkdsk /?」を参照ください。FAT と NTFS でけっこう違ってたりするので。

パラメータ

スイッチ

書式

使用例

ドライブの調査
c:\Windows>chkdsk c:
 指定したドライブの調査と情報の表示。(ただし、WIN MEでは情報の表示のみ)
ドライブの調査と修復
c:\Windows>chkdsk c: /f
 指定したドライブの調査と情報の表示した上で、不良セクタを見つけた場合は、読み取り可能な情報に回復。(ただし、WIN MEでは、ドライブ調査も修復も出来ません)
[`evernote` not found]

format

2013-09-23

format

format [外部コマンド:format.com]

機能 

 ディスクのフォーマット(初期化)をする。

 Windows ME までは、まだ従来のMS-DOSを引きずっているためか、FDのためのスイッチが数多く残っています。

 Windows XPでは、指定したドライブを指定したファイルシステムにフォーマット(初期化)するためのコマンドになっていて、より現在の要請に応えられるようになっております。(^^;)  

 ※なお、遠い昔は、「format /s」で、システムの転送ができたんですが、今はこの機能がなくなりました。システムの転送は、「sys」コマンドで行ってください。(ただし、WIN ME のとき)

パラメータ

スイッチ 

 ※ /cが、まったく意味が異なりますので、気をつけてください。

書式

WIN ME

WIN XP(dos・コマンド)

WIN XP(回復)

使用例

c:\Windows>format a: /q
 Aドライブのディスク(FD)を、クイックフォーマットする。このように、必ずドライブ名を指定してください。昔とちがって「c:\Windows>format」だけでは動作しないので注意を!
c:\Windows>format a: /v:data  Aドライブのディスク(FD)をフォーマットして、ボリュームラベル「data」を割り当てる。
[`evernote` not found]

fdisk

2013-09-23

fdisk

fdisk [外部コマンド:fdisk.exe]

機能

 MS-DOSで使用するための、ハードディスクを設定する。遠い昔は、「format」コマンドですべてやっていましたが、Windows 95 あたりから、「fdisk」というコマンドが出てきたようですね。Windows
ME まではこれを使いますが、Windows XP ではこのコマンドは使えませんので、「diskpart」コマンドを使ってください。

スイッチ

 WIN ME:/STATUS(パーティション情報を表示) /X(拡張ディスクアクセスサポートを無効にする)

書式

 WIN ME:fdisk [/STATUS] /X

使用例 

a:\>fdisk (/x)
 ハードが8.4GB未満は、[fdisk /x]、8.4GB以上は[fdisk]と入力ください。 実際に使用するときは、[fdisk]と打ち、エンターキー。あとは、画面の指示に従ってください。
A:\>fdisk /mbr
 WIN MEなどの95系OSなら、これでマスターブートレコード(MBR)の修復も可能です。(WIN XPだと、「FIXMBR」コマンドを使う) ブートレコードが損傷して起動できないときとかに有効ですが、ウイルスとかが原因で損傷したときにこのコマンドを実行すると、被害を広げることがあるので、ケース・バイ・ケースで使ってください。
[`evernote` not found]

ver

2013-09-23

ver

ver [内部コマンド]

機能 

Windows(DOS)のバージョンを表示。ま、突然呼びつけられて、見たこともないようなパソコンを直さないといけないときに、DOS のバージョンが知りたかったら、使ってやってください。そのくらいしか用途ないし。DOS
のバージョンによって、使えるコマンドとか、けっこう違うので。(^ ^;)

 ※Windows ME なら、「システムのプロパティ」(「マイコンピュータ」を右クリック→「プロパティ」で呼び出し)にある、[システム]にあるバージョン情報と同じのが表示されると思います。Windows
XP だと、「ver」コマンドの数字じゃなくて、文字でシステムのバージョンを表示してますが。

書式

使用例

c:\Windows>ver
 コマンドプロンプト(つまり、「>」マークの後)で、「VER」と打つと、使用中の Windows のバージョンを表示する。
[`evernote` not found]

msd

2013-09-23

msd

(msd) [コマンド]

機能 

 MS-DOS時代にあった、使用中のコンピュータに関する詳細な技術情報を表示するコマンドです。

 Windows ME/XPでは使用できませんが、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→[msinfo32]と入力して実行すると、「システム情報」が呼び出されるので、それで代用できます。

[`evernote` not found]

mem

2013-09-23

mem

mem [外部コマンド:mem.exe]

機能 

 システムで使用されているメモリと、使用可能な空きメモリの量を表示。Windows ME までは使えますが、Windows XP だと、「MS-DOSプロンプト」じゃないと使えません。

 コマンドプロンプトで使おうとすると、一瞬にして「MS-DOSプロンプト」が動きます。しかも、/pスイッチが使えないので、「mem」とコマンドだけ使う形じゃないと、実質、使い物になりません。(^
^;)  ま、WIN XP だとDOSと遠い存在だから、意味ないのかもしれないけど。

 ※「UMBって何?」というような場合は、MS-DOSのメモリ関係についてを参照ください。

スイッチ

WIN ME    

WIN XP(dos)

 ※ /c /d /f /m /p と先頭文字だけでも使用可能。

書式 

使用例  

c:\Windows>mem /c /p  WIN MEまでなら、「/p」 のみ組み合わせて使用することができましたが、WIN XPでは、組み合わせ使用は不可となります。

[`evernote` not found]

help

2013-09-23

help

help [外部コマンド:help.exe]

機能

 コマンドラインで使えるコマンドの一覧とその使い方説明を表示。Windows XP では使い方に制限はありませんが、WIN ME では、「<コマンド名> /p」のコマンドラインヘルプしかフォローしていません。

スイッチ

書式

使用例 

c:\Windows\SYSTEM32>help
 これだと、使えるコマンドの一覧(コマンド名と簡単な説明)が表示される。長い説明が一気に表示されるので、スクロールバーが使える「コマンドプロンプト」で使わないとキツイです。WIN XPでのみ使える。
c:\Windows\SYSTEM32>dir /?
 コマンドの使い方の詳細を知りたいときは、こういうふうに指定。この場合だと「DIR」コマンドの説明が表示される。長い解説になると一気に表示されて上部が読めなくなります。
c:\Windows\SYSTEM32>help dir
 これでも、コマンドの詳細説明が表示されます。しかも、画面で表示できるページごとに表示してくれます。
[`evernote` not found]

Newer Entries »

Copyright © 2000-2019 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.