attrib

記事公開日 2013-09-23

attrib

attrib [外部コマンド:attrib.exe]*XP

機能

 ファイル(WIN XPからは、フォルダも)の属性の表示・変更。 WIN 95 でレジストリが壊れて復元するときに使用。

スイッチ

書式

使用例

c:\Windows>attrib
 (コマンドのみ)現在のカレントドライブ内にあるファイルの属性を表示。
c:\Windows>attrib m*.*
 (ワイルドカードを指定)より的をしぼった情報を表示させたいときにどうぞ。(この場合だと、ファイル名の頭にmがつくファイルのみ、表示されます)
c:\Windows>attrib -h -r -s system.dat
 (個別に属性変更)カレントドライブ内にある、system.dat というファイルの属性を変更している。 この場合、system.dat の隠しファイル・読み取り専用・システムファイル属性を解除。

+ 属性を設定  / - 属性を解除

種類 (属性)
内容
R 読み取り専用 書き込み禁止(Read Only)にする。つまり、変更や削除ができない属性です。
A アーカイブ アーカイブ(Archive: ファイルを選択してコピーするためのフラグ)を設定する。
S システムファイル システム(System) MS-DOS のシステムファイルは、この属性が設定されている。 (IO.SYS, MSDOS.SYS, とかですね)
H 隠しファイル 隠し(Hidden) という意味で、DIR (表示)・ DEL (削除)では操作できない属性。
C 圧縮ファイル WIN XP回復コンソール使用のときだけ、圧縮ファイルも扱えるらしい。


Copyright © 2000-2017Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.
Return to www.causu.com